東京大学大学院医学系研究科 法医学 | Department of Forensic Medicine, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
2017 2018-07-19T18:13:53+00:00

2017

A. Original Articles

  1. Rutsuko Yamaguchi, Yohsuke Makino, Fumiko Chiba, Suguru Torimitsu, Daisuke Yajima, Go Inokuchi, Ayumi Motomura, Mari Hashimoto, Yumi Hoshioka, Tomohiro Shinozaki, Hirotaro Iwase.Frequency and influencing factors of cardiopulmonary resuscitation-related injuries during implementation of the American Heart Association 2010 Guidelines: a retrospective study based on autopsy and postmortem computed tomography. Int J Legal Med.2017; 131: 1655-1663.
  2. Torimitsu S, Makino Y, Saitoh H, Sakuma A, Ishii N, Yajima D, Inokuchi G, Motomura A, Chiba F, Yamaguchi R, Hashimoto M, Hoshioka Y, Iwase H. Stature estimation in a contemporary Japanese population based on clavicular measurements using multidetector computed tomography. Forensic Sci Int. 2017; 275: 316.e1-316.e6.
  3. Torimitsu S, Makino Y, Saitoh H, Sakuma A, Ishii N, Yajima D, Inokuchi G, Motomura A, Chiba F, Yamaguchi R, Hoshioka Y, Iwase H. Sex assessment based on clavicular measurements in a modern Japanese population using multidetector computed tomography. Forensic Sci Int. [Epub ahead of print]
  4. Torimitsu S, Makino Y, Saitoh H, Ishii N, Yajima D, Inokuchi G, Motomura A, Chiba F, Yamaguchi R, Hoshioka Y, Iwase H. Determination of sex on the basis of hyoid bone measurements in a Japanese population using multidetector computed tomography. Int J Legal Med. [Epub ahead of print]
  5. Makino Y, Yokota H, Nakatani E, Yajima D, Inokuchi G, Motomura A, Chiba F, Torimitsu S, Uno T, Iwase H. Differences between postmortem CT and autopsy in death investigation of cervical spine injuries. Forensic Sci Int, 281:44–51, 2017.
  6. Chiba F,Inokuchi G, Makino Y, Torimitsu S, Motomura A, Yamaguchi R, Hashimoto M, Hoshioka Y, Nasgasawa S, Sakuma A, Yajima D, Saito H, Iwase H. Postmortem angiography revealing traumatic rupture of the intracranial internal carotid artery. Int J Legal Med [Epub ahead of print] http://doi/10.1007/s00414-017-1752-x.
  7. Abe H, Yajima D, Hoshioka Y, Nara A, Nagasawa S, Iwase H. Myoglobinemia markers with potential applications in forensic sample analysis: lipid markers in myoglobinemia for postmortem blood. Int J Legal Med. 2017;131(6):1739-1746.
  8. Kinoshita H, Tanaka N, Takakura A, Abe H, Kumihashi M, Shibayama T, Jamal M, Ito A, Tsutsui K, Kimura S, Iwase H, Ameno K. An autopsy case of death by combined use of benzodiazepines and diphenidine. Soud Lek. 2017 Winter; 62(4):40-43.
  9. 大島徹, 安部寛子, 大谷真紀, 岩瀬博太郎, 吉岡尚文, 美作宗太郎. 青緑色の口部変色の所見からトイレ用消臭液による中毒死が疑われた一例. 法医学の実際と研究. 2017; 60: 33-38.
  10. 中嶋信, 吉田謙一,槇野陽介, 岩瀬博太郎. 水中死体と珪藻検査. 環境技術. 2017;46(4):20-25.

B. Review

  1. 槇野陽介, 猪口剛,吉田真衣子, 岩瀬博太郎. 法医解剖前CTの役割とSupria Grandeの利用状況. MEDIX. 2017; Vol.66. p.13-18.

C. Books

  1. 岩瀬博太郎, 石原憲治(編・著). 安部寛子, 猪口剛, 斎藤久子, 咲間彩香, 千葉文子, 鳥光優, 永澤明佳, 槇野陽介, 本村あゆみ, 矢島大介, 吉田真衣子(著): 隠された真相を暴く クイズ なるほどthe 法医学. 京都; 金芳堂; 2017.

D. Reports

  1. 本橋豊, 清水康之,石原憲治, 岩瀬博太郎, 反町吉秀: 避けられる死を予防するための死因究明制度の活用と我が国における政策的課題~更なる自殺予防対策の推進のために~. 平成28年度厚生労働科学研究費補助金.研究分担報告書. 2017.
  2. 本村あゆみ, 本村友一, 松本尚, 他: 解剖で明らかになった交通外傷による歩行者、自転車の死亡例の頸椎損傷について. 平成28年度トヨタ受託研究 歩行者、自転車乗員における頭部・頸部・体幹部への傷害に関する研究報告書. 2017.

E. Academic Presentations

  1. Motomura A, Sakuma A, Saito H, Yajima D, Inokuchi G, Yohsuke M, Chiba F, Torimitsu S, Nagasawa S, Hoshioka Y, Iwase H. Our preparation for next disaster in Chiba, Japan. Our preparation for next disaster in Chiba, Japan. 21st Triennial Meeting of the International Association of Forensic Sciences (IAFS 2017). Abstracts. 2017; p78, Toronto, Canada.
  2. Ishihara K, Yajima D, Torimitsu S, Iwase. H. Death Investigation System in Japan.   Forensic Medicine Conference of the Baltic Medico-Legal Association 2017. 2017; Tallinn, Estonia.
  3. Torimitsu S, Makino Y, Saitoh H, Yajima D, Inokuchi G, Motomura A, Chiba F, Yamaguchi R, Hoshioka Y, Iwase H. Stature estimation in a modern Japanese population based on clavicular measurements using multidetector computed tomography. Forensic Medicine Conference of the Baltic Medico-Legal Association 2017. 2017; Tallinn, Estonia.
  4. Yajima D, Torimitsu S, Ishihara K, Shimizu K, Iwase H. An objective approach using three indexes for determining fatal hypothermia due to cold exposure; statistical analysis of oxyhemoglobin saturation data. Forensic Medicine Conference of the Baltic Medico-Legal Association. 2017; Tallinn, Estonia.
  5. Torimitsu S, Makino Y, Chiba F, Yajima D, Iwase H. Forensic anthropology using CT in Japan. International Vilnius meeting 2017, Conference on actual issues in forensic medicine practice. 2017; Vilnius, Lithuania.
  6. Yajima D, Torimitsu S, Shimizu K, Iwase H. A Clue to Hypothermia in Dead Body. The International Conference on “THE Actual Issues in Forensic Medicine Practice, Advantages of Scientific Research: MEDICO-LEGAL EVALUATION & DIAGNOSTIC POSSIBILITIES”. 2017; Vilnius, Lithuania.
  7. Hiroko Abe, Chikako Takei, Yasuo Shida, Motoshi Sakakura, Teruhisa Shiota,
  8. Kayako Suga, Daisuke Yajima, Hirotaro Iwase.Drug analysis in urine by thermal desorption and pyrolysis combined with DART®-MS (TDP/DART®-MS).65th American Society for Mass Spectrometry (ASMS) Annual Conference.Abstracts.2017; TP221, Indianapolis, Indiana.
  9. Hiroko Abe, Chikako Takei, Yasuo Shida, Motoshi Sakakura, Teruhisa Shiota,
  10. Kayako Suga, Daisuke Yajima, Hirotaro Iwase.Forensic Drugs Analysis by Thermal Desorption and Pyrolysis Combined with Direct Analysis in Real Time- Mass Spectrometry (TDP/DART-MS). American Academy of Forensic Sciences(AAFS) 69th Annual Scientific Meeting. Proceedings. 2017; p.298, New Orleans, Louisiana.
  11. Makino Y, Kojima M, Yoshida M, Horikoshi T, Mukai H, Inokuchi G, Motmura A, Chiba F, Torimitsu S, Iwase H. Evaluation of cervical spinal injuries by post-mortem MRI with gradient echo sequences. 6th Congress of the International Society of Forensic Raddiology and Imaging. 2017; Odense, Denmark.
  12. Yoshida M, Makino Y, Hoshioka Y, Chiba F, Motomura A, Inokuchi G, Torimitsu S, Yamaguchi R, Yajima D, Hikosaka K, Norose K, Iwase H. Pseudo Pneumatosis Intestinalis Sign; Postmortem CT depicted ‘Thenica saginata (Parasite)’ in a young-Thai-man’s intestine. 6th Congress of the International Society of Forensic Radiology and Imaging. 2017; Odense, Denmark.
  13. Makino Y, Kojima M, Yoshida M, Motomura A, Horikoshi T, Mukai H, Hoshioka Y, Chiba F, Torimitsu S, Uno T, Iwase H. Massive fat embolism revealed by postmortem magnetic resonance imaging. 10th International Symposium on Advances in Legal Medicine (ISALM). 2017; Dusseldorf, Germany.
  14. Yoshida M, Makino Y, Hoshioka Y, Chiba F, Motomura A, Inokuchi G, Torimitsu S, Yamaguchi R, Yajima D, Iwase H. Pseudo pneumatosis intestinalis sign – postmortem CT depicted “Thaenia saginata (parasite)” in a Young-Thai-man’s intestine. 10th International Symposium on Advances in Legal Medicine (ISALM). 2017; Dusseldorf, Germany.
  15. Yoshida K, Maeda H, Saka K. A case of fatal intoxication due to the new designer drug 2-(4-bromo-2,5-dimethoxyphenyl)-N-(2-methoxybenzyl)ethanamine (25B-NBOMe). 10thInternational Symposium Advances in Legal Medicine (ISALM). 14 September 2017, Dusseldorf, Germany.
  16. 安部寛子,星岡佑美,矢島大介,岩瀬博太郎. 法医試料に応用可能な高ミオグロビン血症マーカー探索. 第101次日本法医学会学術全国集会 日本法医学雑誌70巻1号.2017; p107. 岐阜.
  17. 猪口剛, 矢島大介,槇野陽介, 本村あゆみ, 千葉文子, 鳥光優, 星岡佑実, 山口るつ子, 齋藤久子, 岩瀬博太郎. 宿便性イレウスを認めた乳幼児突然死事例の1例-子どもの死因登録検証制度の必要性-第101次日本法医学会学術全国大会集会. 日本法医学雑誌. 2017;岐阜.
  18. 鳥光優, 槇野陽介, 斉藤久子, 矢島大介, 猪口剛, 本村あゆみ, 千葉文子, 山口るつ子, 星岡佑美, 岩瀬博太郎. 日本人の骨盤の3DCT画像を用いた性別判定の検討. 第101次日本法医学会学術全国集会.日本法医学雑誌. 2017; 71: p75, 岐阜.
  19. 槇野陽介, 本村あゆみ, 小島正歳, 吉田真衣子, 堀越琢郎, 向井宏樹, 星岡佑美, 千葉文子, 鳥光優, 岩瀬博太郎. 死後CT及び死後MRIにより評価し得た脂肪塞栓の一剖検例. 第101次日本法医学会学術全国集会, 2017; 岐阜.
  20. 阿久津智子,渡邊賢,高村彩里,斉藤久子,岩瀬博太郎,櫻田宏一,宮坂祥夫. 間接ELISA法による吐物証明法の開発.第101次日本法医学会学術全国集会. 日本法医学雑誌. 2017; 71: p68,岐阜.
  21. 千葉文子,猪口剛,槇野陽介,鳥光優,本村あゆみ,山口るつ子,橋本茉莉,星岡佑美,吉田真衣子,岩瀬博太郎.死後血管造影が診断に有用であった頭蓋内内頸動脈破裂による外傷性くも膜下出血の一剖検例.第101次日本法医学会学術全国集会.2017; 岐阜.
  22. 平山菜穂, 鵜沼香奈, 槇野陽介, 渡邊嶺, 小松亜由美, 加世田莉奈, 佐野智美, 上村公一. 遊具の打撲に起因する延髄周囲の硬膜下血腫が見逃された例. 第101次日本法医学会学術全国集会, 2017; 岐阜.
  23. 成相舞花, 安部寛子, 矢島大介, 槇野陽介, 岩瀬博太郎. Distribution of Acephate and Methamidophos in Postmortem Tissue. 第101次日本法医学会学術全国集会, 2017; 岐阜.(優秀ポスター賞受賞)
  24. 千葉文子,猪口剛,槇野陽介,鳥光優,本村あゆみ,山口るつ子,橋本茉莉,星岡佑美,吉田真衣子,岩瀬博太郎.死後血管造影が診断に有用であった頭蓋内内頸動脈破裂による外傷性くも膜下出血の一剖検例.第101次日本法医学会学術全国集会.2017; 岐阜.
  25. 本村あゆみ, 咲間彩香, 矢島大介, 猪口剛, 星岡佑美, 槇野陽介, 千葉文子, 齋藤久子, 出羽厚二, 岩瀬博太郎.DVI訓練を通じて見えた、災害時多職種連携の在り方.第101次日本法医学会学術全国集会.日本法医学雑誌. 2017; 71(1): p69, 岐阜.
  26. 鵜沼香奈, 則竹香菜子, 船越丈司, 坂幹樹, 木村遥, 藤井祐介, 上村公一. 乳幼児における薬物分析検査の重要性-思いがけず薬物の寄与が明らかになった2剖検例-. 第101次日本法医学会学術全国集会 日本法医学雑誌, 2017; 71, p102, 岐阜.
  27. 安部寛子,竹井千香子,坂倉幹始,塩田晃久,須賀香屋子,矢島大介,岩瀬博太郎. ionRocket DART-MSを用いた血液試料中薬物分析手法の検討(2). 日本法中毒学会 第36年会. 講演要旨集. 2017; p89. 東京.
  28. 星岡佑美, 成相舞花,安部寛子, 矢島大介, 猪口剛, 千葉文子, 永澤明佳, 三浦みゆき, 岡馬恵介, 岩瀬博太郎. 千葉大学で経験した農薬が関連した法医解剖事例. 日本法中毒学会第36年会. 日本法中毒学会第36年会講演要旨集. 2017; p98, 東京.
  29. 坂幹樹, 中園裕紀子, 工藤恵子, 箕畑俊和, 兼城昌敏, 平野一郎, 古田一匡, 藤井祐介, 槇野陽介, 池田典昭, 岩瀬博太郎. In silicoを用いたノンターゲット血中薬物スクリーニング法の構築(第2報). 日本法中毒学会第36年会要旨集. 2017; p81, 東京.
  30. 安部寛子,永澤明佳,矢島大介,三浦みゆき,岡馬恵介,岩瀬博太郎. 法医薬物スクリーニング分析結果の集計報告:千葉大学法医解剖事例.第42回日本医用マススペクトル学会年会.2017; JSBMS Letter. vol.42 Supplement p105. 東京.
  31. 望月龍,東恭平,安部寛子,岩瀬博太郎,戸井田敏彦. 微量生体試料中シアン化物イオン分析を可能にする前処理法の開発. 日本分析化学会第66年会. 2017; 講演要旨集.p38,東京
  32. 安部寛子,竹井千香子,坂倉幹始,塩田晃久,須賀香屋子,矢島大介,岩瀬博太郎.TDP / DART-MSを用いた薬物分析の高感度化検討. 日本法科学技術学会誌. 2017; vol.22.p28. 東京.
  33. 猪口剛. 実践からの学び「児童虐待防止医療ネットワーク事業」虐待防止医療ネットワークへの法医学の参画. 日本子ども虐待防止学会第22回学術大会. 2017; 千葉.
  34. 勝村聖子, 山村恵子, 熊谷章子, 大林由美子,岡広子, 斉藤久子, 本村あゆみ, 浦邉朱鞠, 咲間彩香,小菅栄子, 岩瀬博太郎, 出羽厚二, 佐藤慶太.ICPO式DVIによる身元確認方法の検討—多職種連携の机上訓練を通して—.日本法歯科医学会第11回学術大会. 2017; P-6,千葉.
  35. 斉藤久子, 咲間彩香, 石井名実子, 宇都野創, 峰岸沙希, 矢島大介, 猪口剛, 本村あゆみ, 井之上弘幸, 永澤明佳, 槇野陽介, 千葉文子, 鳥光優, 櫻田宏一, 岩瀬博太郎. 歯科所見採取におけるCT再構成画像の有用性. 日本法歯科医学会第11回学術大会. 2017; P-9,千葉.
  36. 鳥光優, 槇野陽介, 斉藤久子, 咲間彩香, 石井名実子, 矢島大介, 猪口剛, 本村あゆみ, 千葉文子, 山口るつ子, 星岡佑美, 岩瀬博太郎. 3DCT画像上の骨盤の計測値を用いた性別判定. 日本法歯科医学会第11回学術大会. 2017; 千葉.
  37. 山名隼人,千葉文子,槇野陽介,渡瀬博俊,康永秀生,岩瀬博太郎,石原浩.死因・身元調査法に基づく解剖に関連した結核集団感染の1事例.第76回公衆衛生学会総会.2017; 鹿児島.
  38. 千葉文子.大会企画シンポジウム「子どもの死因究明制度の普及に向けて」各地における取組2:千葉県での取り組み.第23回日本子ども虐待防止学会学術集会ちば大会.2017; 千葉.
  39. 齋藤直樹,千葉文子,猪口剛,三平元,仙田昌義,岩瀬博太郎,下条直樹.千葉大学医学部附属病院と国保旭中央病院における小児死亡の検討.第31回日本小児救急医学会学術集会.2017; 東京.
  40. 星岡佑美, 吉田真衣子, 槇野陽介, 彦坂健児, 野呂瀬一美, 岩瀬博太郎. 法医解剖前CTにおいて小腸内に条虫の存在が示唆された無鉤条虫症の1例. 第28回日本臨床寄生虫学会大会. 第28回日本臨床寄生虫学会大会プログラム・抄録集. 2017; p37, 東京.
  41. Makino Y, Yoshida M, Iwase H, Hattori H, Oka T. Radiologic-pathologic-anatomic Correlation: A Pictorial Review of Postmortem CT and MRI Prior to Pathological Autopsy. The 76th Annual Meeting of the Japan Radiological Society. 2017; Abstracts, Yokohama.
  42. Yoshida M, Makino Y, Horikoshi T, Mukai H, Kojima M, Iwase H. Heat Hematoma: Another Epidural Hematoma Found in Severely Burned Bodies. The 76th Annual Meeting of the Japan Radiological Society. 2017; Abstracts, Yokohama.
  43. 槇野陽介, 新井信隆, 星岡佑美, 小島正歳, 吉田真衣子, 堀越琢郎, 向井宏樹, 岩瀬博太郎. 解剖前に施行した死後MRIにより, 外傷性軸索損傷が指摘できた1法医解剖例. 第58回日本神経病理学会総会学術研究会, 2017; 東京.
  44. 槇野陽介, 本村あゆみ, 小島正歳, 吉田真衣子, 堀越琢郎, 向井宏樹, 星岡佑美, 千葉文子, 鳥光優, 宇野隆, 岩瀬博太郎. 脂肪塞栓が死後画像から疑われた1事例. 第12回法医画像勉強会, 2017; 東京.
  45. 槇野陽介, 新井信隆, 星岡佑美, 小島正歳, 吉田真衣子, 堀越琢郎, 向井宏樹, 岩瀬博太郎. 外傷性軸索損傷が解剖前死後MRIにより指摘し得た一剖検例. 第13回法医画像勉強会, 2017; 札幌.
  46. 田中直子, 高倉彩華, 槇野陽介, 安賀文俊, 遠迫俊哉, モストファジャーマル, 伊藤明日香, 岩瀬博太郎, 木下博之. 気道内異物の3事例. 第13回法医画像勉強会, 2017; 札幌.
  47. 吉田真衣子, 槇野陽介. Image interpretation session case 2. 第13回法医画像研究会. 2017; 札幌.
  48. 吉田真衣子, 向井宏樹, 槇野陽介. 熱傷血腫. Neuro Workshop (NRWS). 2017; 岐阜.
  49. 本村あゆみ, 咲間彩香, 齋藤久子, 岩瀬博太郎.検視検案訓練を通した他職種連携を考える.第22回日本集団災害医学会総会・学術集会.Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017; 21(3): p508, 愛知.
  50. 那須亜矢子,安部寛子,前橋恭子,奥田勝博,船越丈司,則竹香菜子,田中直子,高倉彩華,佐々木千寿子,林德多郎,岩瀬博太郎,岩楯公晴,清水惠子,上村公一,木下博之,佐藤文子,浅村英樹,井濱容子. 薬物分析連携プロジェクトの取組みと今後の課題. 第67回日本法医学会学術九州地方集会. 講演要旨集. p18, 沖縄.
  51. 石原憲治, 斉藤久子, 矢島大介, 猪口剛, 本村あゆみ, 永澤明佳, 槇野陽介, 千葉文子, 鳥光優, 山口るつ子, 安部寛子, 岩瀬博太郎. 死因・身元調査法の施行とその運用によって死因究明制度はどう変わったか. 第86回日本法医学会学術関東地方集会. 2017; 東京.
  52. 猪口剛, 矢島大介,吉田真衣子, 星岡佑実, 山口るつ子, 鳥光優, 千葉文子, 本村あゆみ, 槇野陽介, 岩瀬博太郎. 当教室における児童相談所相談案件における急性硬膜下出血事例の検討 第86回法医学会学術関東地方集会.2017; 東京.
  53. 斉藤久子, 咲間彩香,石井名実子, 宇都野創, 峰岸沙希, 矢島大介, 猪口剛, 本村あゆみ, 井之上弘幸, 永澤明佳, 槇野陽介, 千葉文子, 鳥光優, 櫻田宏一, 岩瀬博太郎. 死後CT再構成画像が口腔内所見採取において有用であった3例. 第86回日本法医学会学術関東地方集会. 講演要旨集.2017; p29, 東京.
  54. 勝村聖子, 斉藤久子,熊谷章子, 大林由美子, 岡広子, 本村あゆみ, 浦邉朱鞠,岩瀬博太郎, 出羽厚二, 佐藤慶太. ICPO式フォーマットを用いたDVI机上訓練の試み—多職種連携の意義の考究—. 第86回日本法医学会学術関東地方集会. 講演要旨集. 2017; p10, 東京.
  55. 千葉文子,槇野陽介,鳥光優,猪口剛,本村あゆみ,山口るつ子,星岡佑美,吉田真衣子,浦邉朱鞠,斉藤久子,矢島大介,岸本充,岩瀬博太郎.巣状分節性糸球体硬化症を伴った若年性脳内出血の一剖検例.第86回日本法医学会学術関東地方集会.2017; 東京.
  56. 鳥光優、坂幹樹、安部寛子、矢島大介、槇野陽介、猪口剛、本村あゆみ、千葉文子、山口るつ子、星岡佑美、浦邉朱鞠、岩瀬博太郎. 機器分析装置を用いた薬物スクリーニング検査にてトライエージ検査では検出し得なかったコカインが検出された一剖検例. 第86回日本法医学会学術関東地方集会. 2017; 東京.
  57. 中嶋信, 鳥光優, 槇野陽介, 猪口剛, 本村あゆみ, 千葉文子, 岩瀬博太郎. 東京湾の水中死体における経比重(1.20)法、珪藻検査を用いた解析. 第86回日本法医学会学術関東地方集会, 2017; 東京.
  58. 勝村聖子, 斉藤久子, 熊谷章子, 大林由美子, 岡広子, 本村あゆみ, 浦邉朱鞠,岩瀬博太郎, 出羽厚二, 佐藤慶太. ICPO式DVIを用いた身元確認訓練 —多職種連携の机上訓練の試み—. 第18回日本法医学会学術北日本地方集会.プログラム・抄録集.2017; p26,岩手.
  59. 前橋恭子,安部寛子,奥田勝博,船越丈司,則竹香菜子,田中直子,高倉彩華,佐々木千寿子,林德多郎,那須亜矢子,岩瀬博太郎,清水惠子,上村公一,木下博之,佐藤文子,浅村英樹,井濱容子,岩楯公晴. 法医解剖における中毒統計調査に向けた薬物分析連携プロジェクト(DSMS : Drug Screening Method Sharing Project)の紹介. 第64回学術近畿地方集会. 2017;講演要旨集. p24, 和歌山.
  60. 坂幹樹. In silicoによるLC/MS血中薬物スクリーニング法の構築. 総合技術研究会2017東京大学 要旨集. 2017; p78, 東京.

F. Educational Activities

  1. 岩瀬博太郎:日本医師会検案医講習;死亡時(死後)画像診断. 2017年. 東京. 福岡.
  2. 岩瀬博太郎:警察大学校検視官講習;日本の死因究明と死後画像診断.2017年. 東京
  3. 岩瀬博太郎:消防大学校火災調査科講義;火災による死.2017年6月,11月. 東京
  4. 岩瀬博太郎:東京高等検察庁管内検察事務官中等科研修;死因究明と画像診断. 2017年7月,12月. 東京.
  5. 岩瀬博太郎:第12回共済医学会 医療安全管理者研修;異状死体の届け出. 2017年6月. 東京.
  6. 岩瀬博太郎:静岡県中部医学会;死因究明における法医学の役割~死因究明制度の現状を中心に~. 2017年7月. 静岡.
  7. 岩瀬博太郎:フォーラム2017 衛生薬学・環境トキシコロジー;薬毒物試験法と注解2017刊行記念フォーラム:薬学における裁判化学・法中毒の復古に向けて;法医学における薬物分析の現状と課題.,2017年9月. 仙台.
  8. 岩瀬博太郎: 日本脳神経外科学会第76回学術総会 シンポジウム Abusive Head Trauma 脳神経外科医が知っておくべきこと; 法医学から見たAbusive Head Trauma. 2017年10月. 名古屋.
  9. 猪口剛: 臨床法医学に関する勉強会 千葉地方検察庁. 2017年2月. 千葉.
  10. 猪口剛: 法医学者からみた子ども虐待~千葉大学附属法医学教育研究センター臨床法医学部門の仕組み~ 子ども虐待対応・医学診断研修会. 2017年9月. 静岡.
  11. 猪口剛: 内因性急死.千葉県警警察大学校(法医専科). 2017年10月. 千葉.
  12. 千葉文子:「法医解剖やその手続き 子どもの死因究明から分かること、出来ること」.成田赤十字病院院内研修会.2017年9月. 千葉.
  13. 千葉文子:「CDRでわかること〜法医学者の立場から〜」. 香川県児童虐待防止医療ネットワーク事業研修会. 2017年12月. 香川.
  14. Makino Y:A radiologist in autopsy room; the tasks and pitfalls of forensic radiology based on post-mortem CT. National Forensic Service, 2017. Seoul, Korea,
  15. 本村あゆみ: Disaster Victim Identificationをチームで行うということ〜日本型ベルトコンベア式検案からの脱却〜. 神戸市立医療センター中央市民病院救急科 地域合同カンファレンス. 2017年7月. 兵庫.
  16. 本村あゆみ: 内因性急死. 千葉県警察学校講義(法医専科). 2017年10月. 千葉.
  17. 吉田真衣子,槇野陽介. 死後画像の現在. 青森県死後画像研究会(特別講演) 弘前.
  18. Yoshida Y, Makino Y. The current situation of postmortem imaging of CNS. AIMS Neuro Imaging. 2017. Tokyo.

G. Forensic Practicies

Judicial autopsy (autopsies of crime victims or suspected crime victims with the permission of the court),:66 cases

Investigative autopsy  (autopsies performed under the authority of the chief of police under the Act on the Investigation of Cause of Death and on Identification of Bodies Handled by the Police) :104 cases

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.