2016年業績一覧

///2016年業績一覧
2016年業績一覧 2018-04-06T05:47:16+00:00

2016年業績一覧

A. 原著論文等

  1. Inoue H, Manabe S, Fujii K, Iwashima Y, Miyama S, Tanaka A, Saitoh H, Iwase H, Tamaki K, Sekiguchi K. Sibling assessment based on likelihood ratio and total number of shared alleles using 21 short tandem repeat loci included in the GlobalFiler™ kit. Leg Med (Tokyo). 2016 Mar;19:122-126
  2. Torimitsu S, Makino Y, Saitoh H, Sakuma A, Ishii N, Yajima D, Inokuchi G, Motomura A, Chiba F, Yamaguchi R, Hashimoto M, Hoshioka Y, Iwase H. Sexual determination based on multidetector computed tomographic measurements of the second cervical vertebra in a contemporary Japanese population. Forensic Sci. Int. 2016;266:588.e1-6
  3. Torimitsu S, Makino Y, Saitoh H, Sakuma A, Ishii N, Yajima D, Inokuchi G, Motomura A, Chiba F, Yamaguchi R, Hashimoto M, Hoshioka Y, Iwase H. Sex estimation based on scapula analysis in a Japanese population using multidetector computed tomography. Forensic Sci. Int. 2016;262:285.e1-5
  4. Chiba F, Makino Y, Motomura A, Inokuchi G, Ishii N, Torimitsu S, Hoshioka Y, Abe H, Yamaguchi R, Hashimoto M, Sakuma A, Nagasawa S, Saito H, Yajima D, Iwase H. A rare autopsy case of traumatic rhabdomyolysis associated with intermittent assault. Legal Med(Tokyo). 2016 May;20:40-3.
  5. Ishii N, Sakuma A, Makino Y, Torimitsu S, Yajima D, Motomura A, Chiba F, Hoshioka Y, Iwase H, Saitoh H. Incidence of three-rooted mandibular first molars among contemporary Japnanese individuals determined using multidetector computed tomography. Legal Med(Tokyo). 2016 Sep;22:9-12.
  6. Makino Y, Itoda N, Ikegaya H, Tanaka N, Kinoshita H, Motomura A, Uno T, Iwase H. Search and removal of radioactive seeds: another application of postmortem computed tomography prior to autopsy. Int J Legal Med. 130(5):1329-32, 2016.
  7. Torimitsu S, Makino Y, Saitoh H, Sakuma A, Ishii N, Yajima D, Inokuchi G, Motomura A, Chiba F, Yamaguchi R, Hashimoto M, Hoshioka Y, Iwase H. Sex determination based on sacral and coccygeal measurements using multidetector computed tomography in a contemporary Japanese population. Journal of Forensic Radiology and Imaging [In Press Accepted Manuscript]
  8. Nagasawa S, Katagiri N, Nara A, Chiba F, Kubo Y, Torimitsu S, Yajima D, Akutsu M, Iwase H. Postmortem redistribution mechanism of donepezil in the rat. Forensic Sci Int. 2016;266:1-7.
  9. 斉藤久子, 小林雅彦, 咲間彩香, 石井名実子, 石原憲治, 本村あゆみ, 矢島大介, 猪口剛, 永澤明佳, 井之上弘幸, 槇野陽介, 千葉文子, 鳥光優, 岩瀬博太郎, 小室歳信. アメリカ合衆国のDisaster Mortuary Operational Response Team (DMORT)による歯科所見からの個人識別 ―アメリカ同時多発テロ事件において―Forensic Dent Sci, 第8巻第1号. 1-7. 2016.
  10. 槇野陽介, 岩瀬博太郎. 死後CT検死においてよく見られるピットフォール. インナービジョン. 31巻1号. P.37-39, 2016.
  11. 石原憲治, 岩瀬博太郎. 法医解剖前の臓器移植はなぜできないのか―わが国の死因究明と臓器移植に関する考察. 日本医事新報. No. 4835.  2016.12. 18-21.
  12. 大島徹,安部寛子,志賀健一郎,大谷真紀,岩瀬博太郎,美作宗太郎. 処方歴のないシルデナフィルおよび国内未承認薬ダポキセチンが検出された急死事例, 法医学の実際と研究.  2016;59:165-170.

 

B. 解説,評論,総説等

該当なし

 

C. 単行本

  1. Torimitsu S, Makino Y. Anthropology: Stature Estimation from the Skeleton. In: Roger Byard, Jason Payne-James, editors. Encyclopedia of Forensic and Legal Medicine. 2nd edition. Oxford: Elsevier; 2016 Vol.1 p.221-226
  2. 槇野陽介(訳). ポール・K・クラインマン 編, 小熊栄二 監修, 溝口史剛 監訳:子ども虐待の画像診断. エビデンスに基づく医学診断と調査・捜査のために. 第1版. 東京:明石書店, 2016.

 

D. 報告等

  1. 猪口剛:死後頭頸部血管造影CTを用いた椎骨動脈損傷および脳実質内出血の検討. 平成27年度猪乃鼻奨学会研究補助金による研究報告書. 2016.
  2. 本橋豊, 清水康之, 石原憲治, 岩瀬博太郎, 反町吉秀:避けられる死を予防するための死因究明制度の活用と我が国における政策的課題~更なる自殺予防対策の推進のために~. 厚生労働科学研究費補助金研究分担報告書. 2016.4.

 

E. 学会発表

  1. Ayumi Motomura, Daisuke Yajima, Go Inokuchi, Yohsuke Makino, Fumiko Chiba, Suguru Torimitsu, Rutsuko Yamaguchi, Mari Hashimoto, Yumi Hoshioka, Hirotaro Iwase. Ultrathin endoscope enables minimal invasive observation of fundal hemorrhage. 2016 IALM Intersocietal Symposium. Abstract book. 2016; p474, Venice, Italy.
  2. Makino Y. Differences between postmortem CT and autopsy findings in forensic investigation of cervical spine injuries. 5th Congress of the International Society of Forensic Radiology and Imaging (ISFRI), 2016, Amsterdam, Netherland.
  3. Chiba F, Makino Y, Torimitsu S. Yamaguchi R, Hashimoto M, Inokuchi G, Motomura A, Sakuma A, Daisuke Y, Saito H, Iwase H. Stature estimation in modern Japanese cadavers based on femur measurements using multidetector computed tomography. IALM International Symposium. 2016, Venice, Italy.
  4. Hiroko Abe, Chikako Takei, Yasuo Shida, Motoshi Sakakura, Teruhisa Shiota, Kayako Suga, Daisuke Yajima, Hirotaro Iwase.Illegal Drugs Analysis by Thermal Desorption and PyrolysisCombined with Direct Analysis in Real Time-MassSpectrometry (TDP/DART-MS).64th American Society for Mass Spectrometry (ASMS) Annual Conference.Abstracts. 2016; ID 280576, St. Louis, USA.
  5. Hiroko Abe, Chikako Takei, Yasuo Shida, Motoshi Sakakura, Teruhisa Shiota, Kayako Suga, Daisuke Yajima, Hirotaro Iwase.Illegal Drugs Analysis by Thermal Desorption and PyrolysisCombined with Direct Analysis in Real Time-MassSpectrometry (TDP/DART-MS).21st International Mass Spectrometry Conference(IMSC).Abstracts. 2016; p723, Tronto, Canada.
  6. Daisuke Yajima, Hiroko Abe, Sayaka Murai, Akina Nara, Hirotaro Iwase. Try to Solve Problems in Routine Work -Toxicology Laboratory-. Conference in The State Forensic Medicine Service. 25th May 2016, Vilnius, Lithuania.
  7. Makino Y, Chiba F, Torimitsu S, Yamaguchi R, Hashimoto M, Yajima D, Inokuchi G, Motomura A, Hoshioka Y, Iwase H. Post-mortem CT features of the lungs in carbon monoxide poisoning. The 75th Annual Meeting of the Japan Radiological Society. Abstracts, 2016, Yokohama, Japan.
  8. 斉藤久子, 遊佐和之, 森谷透, 武山美麗, 咲間彩香, 石井名実子, 安部寛子, 岩瀬博太郎, 飯野光喜, 門叶冬樹.歯を用いた放射性炭素測定による出生年推定法:試料粉砕方法の検討.第100次日本法医学会学術全国集会 講演要旨集.2016; p89, 東京.
  9. 猪口剛,高橋千明,斉藤久子. 身元確認における連携体制とは-千葉県内の取り組み-.日本法歯科医学会第10回学術大会. 講演要旨集. 2016;p15, 東京.
  10. 猪口剛, 槇野陽介, 本村あゆみ, 千葉文子, 鳥光優, 星岡佑美, 山口るつ子, 橋本茉莉, 岩瀬博太郎. 死後CTで検出された外傷性脳底部くも膜下出血事例の概観:2つのパターンの認識. 第100次日本法医学会学術全国大会集会. 日本法医学雑誌. 2016; 東京.
  11. 猪口剛, 齋藤直樹, 矢島大介, 本村あゆみ, 星岡佑美, 咲間彩香, 斉藤久子, 槇野陽介, 千葉文子, 鳥光優, 岩瀬博太郎. 千葉大学附属法医学教育センター臨床法医学の取り組みと今後の展望. 日本子ども虐待防止学会第22回学術大会. 2016, 大阪
  12. 本村あゆみ, 斉藤久子, 矢島大介, 猪口剛, 咲間彩香, 千葉文子, 石井名実子, 山口るつ子, 岩瀬博太郎.黒タグで終わらせないために.第21回日本集団災害医学会総会・学術集会.プログラム・抄録集, 20;3;p468, 山形.
  13. 本村あゆみ.危険ドラッグで死ななくなったのか, 見つからなくなったのか.第38回日本中毒学会総会・学術集会.プログラム・抄録集, 29;2;p144-5, 新潟
  14. 本村あゆみ.臨床法医学部門で経験した小児急性硬膜下血腫の評価について.法医画像勉強会. 2016年9月, 京都.
  15. 鵜沼香奈, 原田一樹, 槇野陽介, 小松亜由美, 上村公一. CTにて明らかになった全身死蝋化を伴う頭部銃創の1例. 第100次日本法医学会学術全国集会. 2016, 東京.
  16. 槇野陽介, 井戸田望, 池谷博, 田中直子, 木下博之, 本村あゆみ, 原田倫太郎, 堀越琢朗, 宇野隆, 岩瀬博太郎. 剖検前死後CTは密封小線源永久刺入療法既往の確認に有用である. 第100次日本法医学会学術全国集会. 2016, 東京.
  17. 古川渉太, 永澤明佳, 槇野陽介, 千葉文子, 鳥光優, 猪口剛, 本村あゆみ, 斉藤久子, 岩瀬博太郎. A Novel Method for Quick Detection of Hepatitis B Virus in Postmortem Blood Samples. 第100次日本法医学会学術全国集会, 2016, 東京.
  18. 奥田勝博, 間瀬田千香暁, 矢島大介, 槇野陽介, 浅利優, 田中宏樹, 山田ひろみ, 松原和夫, 塩野寛, 清水惠子. 死因究明に薬毒物検査が決め手となった7事例 コルヒチン中毒とジフェンヒドラミン中毒. 第38回日本中毒学会総会・学術集会. 2016, 新潟.
  19. 平山菜穂, 鵜沼香奈, 槇野陽介, 渡邊嶺, 小松亜由美, 上村公一. 遊具の打撲に起因する延髄周囲の硬膜下血腫が見逃された例. 第23回法医病理夏期セミナー, 2016, 横浜.
  20. 槇野陽介, 小島正歳, 堀越琢郎, 向井宏樹, 吉田真衣子, 矢島大介, 猪口剛, 本村あゆみ, 千葉文子, 鳥光優, 星岡佑美, 山口るつ子, 橋本茉莉, 宇野隆, 岩瀬博太郎. 頸髄損傷をMRIで指摘できた1剖検例. 第11回法医画像勉強会. 2016, 京都.
  21. 槇野陽介, 小島正歳, 堀越琢郎, 向井宏樹, 服部真也, 矢島大介, 猪口剛, 本村あゆみ, 千葉文子, 鳥光優, 星岡佑美, 山口るつ子, 橋本茉莉, 宇野隆, 岩瀬博太郎. 死後MRIを死因究明に応用する予備的検討. 第52回日本医学放射線学会秋季臨床大会. 2016, 東京.
  22. 松永綾子, 千葉文子, 伏見拓矢, 田鹿牧子, 志村優, 市本景子, 村松圭, 堀江弘, 山本琢磨, 岡崎康司, 大竹明, 高柳正樹. 乳幼児突然死の原因としての先天代謝異常症-診断ネットワークの構築-. 第22回日本SIDS・乳幼児突然死予防学会. 2016, 横浜.
  23. 松永綾子, 村山圭, 田鹿牧子, 志村優, 伏見拓矢, 市本景子, 鶴岡智子, 千葉文子, 山本琢磨, 岡崎康司, 大竹明. 乳児・小児突然死におけるミトコンドリア呼吸鎖異常症-法医学教室との連携の利点と課題 -MRCD with sudden death in Japan –Advantages and issues to search with forensic science – 第58回日本先天代謝異常学会. 2016, 東京.
  24. 松永綾子, 千葉文子, 岡崎康司, 大竹明, 村山圭. 乳幼児突然死と先天代謝異常症−診断ネットワークの構築−. 第5回小児多職種研究会. 2016, 横浜.
  25. 千葉文子, 槇野陽介, 鳥光優, 山口るつ子, 橋本茉莉, 咲間彩香, 石井名実子, 斉藤久子, 矢島大介, 岩瀬博太郎. 大腿骨CT任意断面再構成画像を用いた性別判定の検討. 第100回日本法医学学会. 2016, 東京.
  26. 千葉文子, 猪口剛 ,槇野陽介, 鳥光優, 山口るつ子, 橋本茉莉, 本村あゆみ, 星岡佑美,齋藤直樹, 矢島大介, 岩瀬博太郎. 千葉県子どもの死因究明等の推進に関する研究会の取り組み 〜臨床・法医の連携による死因究明の試み〜. 第22回日本子ども虐待防止学会学術集会. 2016, 大阪.
  27. 鳥光優, 槇野陽介, 斉藤久子, 咲間彩香, 石井名実子, 矢島大介, 猪口剛, 本村あゆみ, 千葉文子, 山口るつ子, 橋本茉莉, 星岡佑美, 岩瀬博太郎. 3DCT画像上の肩甲骨の長さを用いた性別判定. 日本法歯科医学会第10回学術大会. 2016, 東京.
  28. 鳥光優, 槇野陽介, 斉藤久子, 矢島大介, 猪口剛, 本村あゆみ, 千葉文子, 山口るつ子, 橋本茉莉, 岩瀬博太郎. 日本人の軸椎のCT画像を用いた性別判定の検討. 第100次日本法医学会学術全国集会. 2016, 東京
  29. 鳥光優.骨のCT画像を用いた身長推定研究の総括.第10回法医画像勉強会. 2016,東京.
  30. 咲間彩香,斉藤久子,千葉文子,矢島大介,岩瀬博太郎.死体状況を考慮したラセミ化法による死亡時年齢推定の検討.第10回日本法歯科医学会学術大会.プログラム・講演要旨集.2016;p24,東京.
  31. 咲間彩香,斉藤久子,岩瀬博太郎. 過去の災害において繰り返されてきた歯科身元確認における問題点.第58回歯科基礎医学会学術大会.2016;サテライトシンポジウム11-2,北海道.
  32. 安部寛子,竹井千香子,志田保夫,坂倉幹始,塩田晃久,矢島大介,岩瀬博太郎. ionRocket DART-MSを用いた薬物分析の検討. 第100次日本法医学会学術全国集会 日本法医学雑誌 70巻1号.p107. 2016, 東京.
  33. 坂幹樹,中園裕紀子,工藤恵子,箕畑俊和,兼城昌敏,平野一郎,古田一匡,藤井祐介,槇野陽介,池田典昭,岩瀬博太郎. In silicoによるLC/MSを用いた血中薬物スクリーニング法の構築.日本法中毒学会第35年会 講演要旨集. 2016;p.41,大阪.
  34. 安部寛子, 竹井千香子, 須賀香屋子, 坂倉幹始, 塩田晃久, 志田保夫, 矢島大介, 岩瀬博太郎. ionRocket DART-MSを用いた血液試料中薬物分析手法の検討. 日本法中毒学会 第35年会. 講演要旨集. 2016. p89, 大阪.
  35. 須賀香屋子, 安部寛子, 岩瀬博太郎. 新規LC-QTOF-MSを用いた薬物分析の検討. 日本法中毒学会 第35年会. 講演要旨集. 2016. p96, 大阪.
  36. 遠矢希, 石松伸一, 大谷典生, 磯川修太郎, 西畑康介, 小宮山伸之, 安部寛子. カフェイン中毒により心室細動をきたし蘇生した症例. 第38回日本中毒学会総会・学術集会.中毒研究vol.29,No.2. p192. 2016. 新潟.
  37. 安部寛子, 須賀香屋子, 矢島大介, 岩瀬博太郎. LC/QTOF-MSを用いた薬物スクリーニング法の検討. 第38回日本中毒学会総会・学術集会.中毒研究vol.29,No.2. p234. 2016. 新潟.
  38. 前橋恭子, 安部寛子, 佐々木千寿子, 岩瀬博太郎, 佐藤文子, 岩楯公晴. 法医解剖における中毒統計調査に向けた薬物スクリーニングメソッド構築の取組み(1)-薬物分析連携プロジェクト(DSMS:Drug Screening Method Sharing Project)の紹介-.第41回日本医用マススペクトル学会年会.JSBMS Letter. vol.41 Supplement p82, 2016.愛知.
  39. 佐々木千寿子, 安部寛子, 前橋恭子, 岩瀬博太郎, 岩楯公晴, 佐藤文子. 法医解剖における中毒統計調査に向けた薬物スクリーニングメソッド構築の取組み(2)-品質管理に向けたブラインドテストの実施について-.第41回日本医用マススペクトル学会年会.JSBMS Letter. vol.41 Supplement p83, 2016.愛知.
  40. 安部寛子, 中島晋也, 伊藤祐二, 前橋恭子, 立松依宙, 佐々木千寿子, 岩楯公晴, 佐藤文子, 岩瀬博太郎. 法医解剖における中毒統計調査に向けた薬物スクリーニングメソッド構築の取組み(3)-ドラッグスクリーニングレポートシステムの紹介-.第41回日本医用マススペクトル学会年会.JSBMS Letter. vol.41 Supplement p84, 2016.愛知.
  41. 安部寛子, 竹井千香子, 須賀香屋子, 坂倉幹始, 塩田晃久, 志田保夫, 矢島大介, 岩瀬博太郎. ionRocket DART-MSを用いた尿中薬物分析法の検討. 日本法科学技術学会第22回学術集会. 日本法科学技術学会誌. vol.21.p39. 2016. 東京.
  42. 星岡佑美, 安部寛子, 副島美貴子, 矢島大介, 永澤明佳, 奈良明奈, 岩瀬博太郎.ノルマルヘキサンを吸引し死亡した一剖検例.日本法中毒学会第35年会.2016; 大阪.
  43. 齋藤直樹,猪口剛,千葉文子,岩瀬博太郎,磯野史朗,下条直樹.当院の小児死亡統計の検討-Child Death Reviewの観点から-.第8回日本子ども虐待医学会学術集会.福岡.
  44. 坂幹樹. ACD/MS Structure ID Suite, ACD/ChromGeniusを用いたLC/MS血中薬物スクリーニング法の構築. ACD/Labs日本ユーザー会2016. 2016; 東京.
  45. 矢島大介, 猪口剛, 槙野陽介, 本村あゆみ, 千葉文子, 鳥光優, 星岡佑美, 山口るつ子, 橋本茉莉, 岩瀬博太郎. 蝶形骨洞内液を用いた溺死の診断方法の検討. 第84回日本法医学会学術関東地方集会. 2016年10月, 横須賀.
  46. 猪口剛, 矢島大介, 橋本茉莉, 山口るつ子, 星岡佑美, 鳥光優, 千葉文子, 本村あゆみ, 槇野陽介, 岩瀬博太郎 生前出血でありながら凝血塊が認められなかった3例 窒息機転の影響 第85回法医学会学術関東地方集会. 2016, 横須賀.
  47. 本村あゆみ.当センターで経験した小児急性硬膜下血腫の評価について.千葉県児童虐待対策研究会. 2016年9月, 千葉.
  48. 槇野陽介, 小島正歳, 堀越琢郎, 向井宏樹, 吉田真衣子, 矢島大介, 猪口剛, 本村あゆみ, 千葉文子, 鳥光優, 星岡佑美, 山口るつ子, 橋本茉莉, 宇野隆, 岩瀬博太郎. MRIによる剖検前頸椎・頸髄損傷評価の初期的検討. 第85回日本法医学会学術関東地方集会. 2016, 横須賀.
  49. 平山菜穂, 船越丈司, 藤井祐介, 大塚沙緒里, 加世田莉奈, 佐野智美, 槇野陽介, 上村公一. PICCガイドワイヤー遺残を2年間見逃された一例. 第85回日本法医学会学術関東地方集会, 2016, 横須賀.
  50. 千葉文子,槇野陽介,鳥光優,山口るつ子,橋本茉莉,木原友子,猪口剛,本村あゆみ,星岡佑美,吉田真衣子,咲間彩香,矢島大介,斉藤久子,岩瀬博太郎. MCDTを用いた大腿骨計測による現代日本人の身長推定の検討. 第84回日本法医学会学術関東地方集会. 2016, 横須賀.
  51. 鳥光 優, 坂 幹樹, 安部寛子, 矢島大介, 槇野陽介, 猪口 剛, 本村あゆみ, 千葉文子, 山口るつ子, 橋本茉莉, 星岡佑美, 岩瀬博太郎. MDMA中毒死の一剖検例. 第85回日本法医学会学術関東地方集会. 2016, 横須賀.

F. 教育活動

  1. 岩瀬博太郎:日本医師会検案医講習;死亡時(死後)画像診断.2016年.東京.福岡.名古屋.
  2. 岩瀬博太郎:警察大学校検視官講習;日本の死因究明と死後画像診断.2016年. 東京
  3. 岩瀬博太郎:消防大学校火災調査科講義;火災による死.2016年6月,11月. 東京
  4. 岩瀬博太郎:東京高等検察庁管内検察事務官中等科研修;死因究明と画像診断.2016年7月,12月. 東京.
  5. 岩瀬博太郎:第11回共済医学会 医療安全管理者研修;異状死体の届け出., 2016年6月. 東京.
  6. 岩瀬博太郎:第30回日本外傷学会総会・学術集会 特別講演;日本における外傷に起因する死因究明の現状,2016年5月. 東京.
  7. 岩瀬博太郎:第22回日本SIDS・乳幼児突然死予防学会学術集会 シンポジウム「チャイルド・デス・レビュー:(CDR)」;児童虐待に対して法医学ができること;2016年3月. 横浜.
  8. 岩瀬博太郎:日弁連高齢者・障害者権利支援センター勉強会;法医学と高齢者:障害者虐待, 2016年1月. 東京.
  9. 岩瀬博太郎:静岡県子ども虐待対応・医学診断研修会;臨床法医学から見た子供虐待診療―千葉大学法医学教育研究センターの取り組み, 2016年10月. 静岡.
  10. 猪口剛:この場合は死亡診断書?死体検案書?. 千葉市医師会. 2016年2月. 千葉.
  11. 猪口剛:臨床法医学に関する勉強会. 千葉地方検察庁. 2016年7月. 千葉.
  12. 猪口剛:内因性急死. 千葉県警警察大学校(法医専科). 2016年10月. 千葉.
  13. 猪口剛:東京都監察医務院での研修経験. 千葉市警察医会. 2016年10月. 千葉.
  14. 本村あゆみ:災害時の死体検案.2015年度CBRNE災害対処千葉連携研修会. 2016年2月. 千葉.
  15. 本村あゆみ:親子うつと虐待.太田市保育研修会・保育研究部研修会. 2016年2月.群馬.
  16. 本村あゆみ:児童虐待~法医学編~.千葉県警警察大学校(法医専科). 2016年10月. 千葉.
  17. 本村あゆみ:救急医として, 法医学者として, 母として, そして私としてのPPAPを語る. 第7回医学生のための九州法医学合同ワークショップ. 2016年11月. 長崎.
  18. 槇野陽介:交通事故の損傷 – CT装置を用いた解析 -. 第52回日本交通科学学会. 2016. 東京.
  19. 槇野陽介:法医画像診断学講義. 千葉県警警察大学校(法医専科). 2016年10月. 千葉.

 

G. 法医実務件数

司法解剖:75件,新法による解剖(新法解剖):123件, その他の鑑定:3件(生体鑑定・児童虐待相談:2件、骨鑑定:1件)

 

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.